同意が得られない場合

Pocket

もし夫婦の合意が得られない場合には協議離婚ができなくなってしまいます。この場合は家庭裁判所を利用することになります。まずは離婚調停を申し立てすることになります。離婚に関する紛争については調停前置主義というものがあるからです。訴訟をする前に調停をしなければいけない決まりとなっています。

裁判離婚調停というのは家庭裁判所において離婚についての話し合いを行うということです。ここで合意ができたならば、訴訟をせずに離婚することができるでしょう。しかし、離婚調停でも合意が形成されない場合には最終的には裁判所に離婚訴訟を提起することになるのです。こうなると裁判所が判断を下すことになります。

基本的に裁判所では離婚の問題は本人達がお互いに条件を譲り合って円満な形で解決することが望ましいと考えています。その方が人間関係も良好に保てると考えているからです。もし離婚訴訟をしてしまうと、どちらかが納得できない形で決着するかもしれません。それでは離婚後にお互いの関係は修復不可能となるでしょう。もし子供がいるのであれば、さまざまな問題が生じる可能性もあるのです。そのため、できるだけお互いが話し合って、相手の意思も尊重をすることが大切です。