離婚の話し合い

Pocket

離婚というのは基本的にはお互いが同意をしていれば簡単にできます。同意しているならば、離婚届を役所に提出すれば良いのです。それが受理されたならば、離婚することができます。これによって法的に二人は完全に夫婦ではなくなるのです。また、結婚をする際の手続きも基本的には同じです。お互いに結婚をする意思があり、お互いが同意しているのであれば、婚姻届を提出してそれが受理されれば結婚できるのです。

話し合いこのように夫婦双方が話し合いをしてお互いが離婚に同意した上で離婚をすることを協議離婚といいます。これが離婚全体の9割以上を占めているのです。

ただし、離婚をする際に子供がいる場合には、その子供の親権者が誰になるのかを話し合う必要があります。離婚をする両親のどちらか一方しか真剣を持つことができないのです。親権者の親と一緒に子供は生活することになります。もし、この親権者についての話し合いで合意が形成されないならば、離婚はできなくなるでしょう。協議離婚することが不可能になるため、そのまま話し合いを続けるのか、離婚調整をすることになるのです。

このようにどちらが真剣を持つのかという点で離婚の話し合いが進まなくなってしまうことは珍しくありません。