弁護士への相談

離婚について問題があるならば、弁護士に相談をすると良いでしょう。これにはさまざまなメリットがあります。弁護士であれば離婚に関するすべてを任せられます。法律相談をしてくれるだけではなくて、離婚協議書を作成したり、代理人として相手方と交渉をしてくれたり、他にも離婚調停や離婚裁判の代理を頼むこともできるのです。専門家である弁護士に頼むことによって、調停や訴訟などの手続きをスムーズに進めることができます。また、自分にとって有利な結果をもたらすようにサポートしてくれるでしょう。

弁護士これから離婚をする相手ともう顔も合わせたくないというケースは少なくありません。このような状態で話し合いをしようとしても、なかなか上手く話がまとまらないことが多いでしょう。話し合いによってどんどんストレスが溜まってしまうかもしれないのです。弁護士に代理を頼むことによって、スムーズに問題を解決できるでしょう。

もし離婚裁判をすることになるならば、きちんとした手続きをしなければいけません。また、裁判に出席する必要があります。これらは弁護士を代理人とすればすべて任せることができます。裁判所にわざわざ行く必要がなくなるのです。

離婚についての悩みは弁護士に相談しましょう。

〔関連リンク〕離婚 弁護士


同意が得られない場合

もし夫婦の合意が得られない場合には協議離婚ができなくなってしまいます。この場合は家庭裁判所を利用することになります。まずは離婚調停を申し立てすることになります。離婚に関する紛争については調停前置主義というものがあるからです。訴訟をする前に調停をしなければいけない決まりとなっています。

裁判離婚調停というのは家庭裁判所において離婚についての話し合いを行うということです。ここで合意ができたならば、訴訟をせずに離婚することができるでしょう。しかし、離婚調停でも合意が形成されない場合には最終的には裁判所に離婚訴訟を提起することになるのです。こうなると裁判所が判断を下すことになります。

基本的に裁判所では離婚の問題は本人達がお互いに条件を譲り合って円満な形で解決することが望ましいと考えています。その方が人間関係も良好に保てると考えているからです。もし離婚訴訟をしてしまうと、どちらかが納得できない形で決着するかもしれません。それでは離婚後にお互いの関係は修復不可能となるでしょう。もし子供がいるのであれば、さまざまな問題が生じる可能性もあるのです。そのため、できるだけお互いが話し合って、相手の意思も尊重をすることが大切です。


離婚の話し合い

離婚というのは基本的にはお互いが同意をしていれば簡単にできます。同意しているならば、離婚届を役所に提出すれば良いのです。それが受理されたならば、離婚することができます。これによって法的に二人は完全に夫婦ではなくなるのです。また、結婚をする際の手続きも基本的には同じです。お互いに結婚をする意思があり、お互いが同意しているのであれば、婚姻届を提出してそれが受理されれば結婚できるのです。

話し合いこのように夫婦双方が話し合いをしてお互いが離婚に同意した上で離婚をすることを協議離婚といいます。これが離婚全体の9割以上を占めているのです。

ただし、離婚をする際に子供がいる場合には、その子供の親権者が誰になるのかを話し合う必要があります。離婚をする両親のどちらか一方しか真剣を持つことができないのです。親権者の親と一緒に子供は生活することになります。もし、この親権者についての話し合いで合意が形成されないならば、離婚はできなくなるでしょう。協議離婚することが不可能になるため、そのまま話し合いを続けるのか、離婚調整をすることになるのです。

このようにどちらが真剣を持つのかという点で離婚の話し合いが進まなくなってしまうことは珍しくありません。


離婚するには

これから離婚をしたいと考えている方がいるかもしれません。結婚をした当初というのは相手と一生を添い遂げるつもりでいる方が大半でしょう。しかし、実際に共同生活を始めていくうちに、さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があります。たとえば配偶者が不倫や浮気をしてしまうということがあるかもしれません。子育ての方針が合わなかったり、仕事や家事などについて互いに不満をいだいてしまうこともあるでしょう。さまざまな原因によってトラブルが起きてしまう可能性があるのです。

離婚最近は離婚をする方が増えています。離婚をすることに対するハードルが低くなってしるのです。離婚をしたとしても、周りから後ろ指を指されるようなことはありません。みんなが当たり前のように離婚しているのです。熟年離婚も話題になっているでしょう。そのため、離婚をしたいと考えているならば、案外簡単に離婚してしまうことができます。

ただし、離婚をするためにはさまざまな手続きが必要となります。それぞれの家庭によって必要な手続きは異なるでしょう。たとえば多くの財産があったり、子供がいる場合には、それらをどのように取り扱うのかを決めなければいけないのです

こちらでは離婚をするために必要なことについて解説しましょう。離婚に必要な手続きについて教えます。これから本気で離婚したいと考えている方はぜひとも参考にしてください。離婚をしたいけれども、その経験がないという方がほとんどでしょう。そんな方のために役立つ情報を提供しましょう。